拍手ありがとうございます!


これからも頑張ります。どうかよろしくお願いいたします m(_ _)m

ささやかながら拍手御礼をば。
(※内容はランダムで変わります)




逃げる、追う。逃げる、追う。逃げる、追う。

僕らの微妙な攻防は、背中に壁の感触を感じた時にあっさり終わりを迎えた。
いつの間にやら、彼女は僕の上にずり上がっていて、
僕の肩口に手を置いて押さえ込むような体勢になっている。
詰め寄ってくる間、じとっと据わっていた彼女の目つきは、
今はどこか満足そうに緩んでいるようだった。
 僕は引きつった笑いを浮かべながら、
視線をそらし、首だけでぐるりと部屋を見渡した。

どうするかなぁ。
とりあえず降ろした方が良いよな、
この体勢はちょっと問題だし。
うん、そうしよう。

何とか自分の中で結論づけて視線を戻した瞬間、
鼻先をぺろりと嘗められた。



(「昼下がりの攻防戦」 in 『ころがり三昧 vol.3』より)


[HOME]


ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます。5回まで)




web拍手CGI公式サイト