拍手ありがとうございます!


これからも頑張ります。どうかよろしくお願いいたします m(_ _)m

ささやかながら拍手御礼をば。
(※内容はランダムで変わります)



 現在時刻、午後11時16分。
ここから一番近い駅のダイヤを思い浮かべて、僕は苦笑を漏らす。

「…今から帰れと言われても。この辺りじゃ、もう終電は間に合わないですよ?」
「カイトくんとこの宿舎なら歩いても行ける距離でしょ?」
「それはまぁ…できなくはないですけど…。
じゃあ、帰りましょうか?」
「…………………やっぱダメ」

 悔しそうにそっぽを向いた彼女の額に、僕はクスクスと笑いながら軽く唇を落とした。



(「カイトくんの衝撃」 in 『ころがり三昧 Vol.2』より)


[HOME]


ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます。5回まで)




web拍手CGI公式サイト